運転免許の取得

自動車の運転免許を取得するための方法には、大きく分けて2つあります。1つが、教習所に通って取得する方法。そしてもう1つが、合宿免許で取得する方法です。教習所とは、自動車免許を取得するための試験に必要な知識や運転スキルを、教官と呼ばれる人達が教えてくれる場所の事です。一方で合宿免許というのは、短期間集中型で運転免許を取得する事を目的とした合宿プログラムの事です。

これまで一番オーソドックスな自動車免許の取得方法として、公安委員会が指定した自動車免許教習所で、指定された単位数の「学科講習」と「実技訓練」を重ねる事で自動車免許を取得する方が多かったです。しかし、国が指定した細かな基準を基にカリキュラムを組まれていますので、その分お金もかかり、実際に免許を取得できるまでに、1ヶ月から長い人であれば3ヶ月程度かかってしまっていました。そんな中登場したのが、合宿によるプログラムです。これは、短期間で集中的に教習を受けて、一気に免許を取ってしまおうというものです。

自動車免許を取得するためのこの2つの方法ですが、いずれにもメリット・デメリットがあります。各自の事情に合わせて、どちらの方法で運転免許を取得するのかを考慮しなければなりません。現代の移動手段として、自動車は欠かせないものとなってきています。特に地方に住まれている方であれば、運転免許を取得する事で、自動車によるスムーズな移動が可能になります。公共交通機関のインフラが整っていない場所であれば、自動車が無いと生活面でも支障が出るような場所も多々あります。ぜひともこの機会に運転免許の取得を考えてみましょう。










サブコンテンツ